精神科患者さんの栄養について

高齢者の医療は食事によるカロリーの摂取が重要です

わが国の高齢化社会は、社会構造を歪にし、様々な体制に影響が報告されています。
医療技術が進歩し、寿命が延び健康な高齢者も多くみかけるようになりましたが、病院で入院治療中の高齢者の治療に関して、最近は大きな問題が散見されるようになりました。
特に問題になっているのは食事による栄養の摂取に関する問題です。
高齢になるに従い、食が細くなるのは周知の事実ですが、この状態が悪化すると、低栄養状態に陥り、生命活動にも支障をきたしているようです。
このままでは寝たきりなどへ移行してしまうのですが、さらに問題なのは、認知症を発症している高齢者が、食事を忘れてしまい、徘徊することで低栄養な状態になることが在宅介護の現場では問題になっているようです。

このような深刻な状況が、介護の現場では問題になっており、高齢者の栄養の摂取が問題になっているのも関わらず、高齢者の食事に関して大きな変化は無く、誤嚥を防ぐトロミを付加させる助剤や、刻み食、ミキサー食が主流です。
このような食事では、なかなか高齢者も食事を受け入れてもらえないようです。
やはり、高齢者になっても、おいしそうな食事が食べたいのは人間の本能なのかもしれません。そんな中、高齢者の介護用の食事を提供している会社では、見た目を重視した、介護食の開発に力を入れているようです。
見た目は普通の食材だけれども、口に入れたとたんにとろけてしまうような食材が開発され、在宅介護業界では非常に注目されているようです。
しかも、味の面でも問題は無く、高齢者に受け入れられているようです。
更なる技術の進歩が期待されているようです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017精神科患者さんの栄養について.All rights reserved.